日程が早めに決まったら飛行機をすぐに予約しよう!

沖縄への移動手段といったら飛行機ということになるのですが、繁忙期はあっという間に予約でいっぱいになってしまいます。九州からのフェリーに乗る人は少ないですよね。
女子旅の移動手段の手配を任された。というのならばすぐにでも日程を決めておかなければ飛行機代金はどんどん高くなってしまうものなので、早めに話し合いの場を設けることにしましょう。

安い便ほどすぐに

本土から飛行機に乗ると沖縄まで長くても3時間程度ということになるので、それくらいの時間ならばLCCのような格安飛行機で充分。ということで移動費は抑えることになるはずです。
しかし、繁忙期だと誰もがそのような考えを持つことになりますし、急がないと高い便しか予約できなくなってしまうので、日程をまず決めておくことを忘れないようにしましょう。
一緒に行くメンバーが社会人だとするのならば、なかなか先のことが分からない…。と言われてしまうかもしれませんが、普通はお盆期間なら誰もが休みということになるはずですよね。

サービス業をしているというのならば、例外かもしれませんが早めに会社の上司に確認を取って貰うことができれば春先には予約できるはずなので、逐一連絡を取り合うことにしましょう。

のんびりしていると

移動費を安くする代わりに宿のクオリティを上げよう…。という風に考えているのならば責任重大にもなってくるので、なんとかして飛行機の座席の確保を完遂させなくてはいけません。
選べる空港が数カ所あるというのならば、近場だけにこだわらずに色々なところを比較するのも重要になるでしょう。油断してしまっていると夜の便以外は完売になってしまいますよ。
どうせ行くのならば朝早くの便で向かった方が、たっぷりと沖縄観光できることにもなりますし、例え始発に乗ることになったとしても頑張って早起きをする覚悟が必要になるでしょう。

決められたことは守っていこう

繁忙期の沖縄へと旅立つというのならば、8月出発だとしても4月くらいには全ての日程をきちんと組んでおいた方がいいかもしれません。計画的に行動しないと台無しになってしまいます。
あまり予定管理能力が無い…。という人だと後回しにしてしまうかもしれませんが、気付いた時には飛行機も宿も全部埋まってしまっていた!という悲劇が発生してしまうでしょう。
そうなったらキャンセル待ちという低い確率に縋るしかなくなってしまうので、早め早めの行動を心掛けて、割り振られた役目は全うすることを心に誓っておいてください。